医療事務の資格を取ったあとの求人・派遣募集情報 無料レポート「医療事務の面接ってどんなの?」配布中


退職願いを出すまで

医療事務の求人・派遣情報サイト〜医療事務のお仕事探し〜HOME≫退職願いを出すまで

医療事務の求人・派遣情報サイト〜医療事務のお仕事探し〜

退職願いを出すまでの流れ

退職することが決まったら、具体的な退職日を決めます。
引継ぎなど社内の事情と転職先の希望を調整して行うことになります。できるだけ余裕のある日程にして、周囲に迷惑をかけないようにしましょう。
円満退社がイチバン!
「どうせ辞めるんだから」とは考えず、円満退社を第一に考えましょう。将来的に仕事で関わる可能性があるかもしれませんし、これまでせっかく築いてきた人間関係は、今後も貴重な財産となるはずです。

転職先にしても退職時のトラブルは望みませんので、事情を話せば勤務開始日の相談にのってくれるはずです。
無理のない日程で退職日を決めましょう
退職までには
  • 業務の引き継ぎ
  • 取引先など、社外関係者への挨拶
  • 残務処理
などがあります。上司と相談して退職日を決めるのが一番です。

もしも、転職先の勤務開始日が決定済みの場合は、上司にその旨を伝えて、日程の調整をお願いしましょう。
退職願を不備なく提出しましょう
退職日が決まったら、早めに退職願を提出しましょう。
退職の意思は口頭で伝えても、きちんと書面にして提出するのが基本です。退職願の宛名は「社長」にしますが、直属の上司に直接手渡ししましょう。

退職願はワープロではなく、必ず自筆で書きましょう。
白無地の便箋に、黒の万年筆かサインペンで丁寧に縦書きします。
退職願は白い封筒に入れて、表には「退職願」、裏には「部署」と「名前」を書きましょう。

企業によっては、自社で退職願の用紙やフォーマットを用意している場合もあります。人事部門に確認をとってください。
  
無料レポート「医療事務の面接ってどんなの?」を配布しています!
医療事務の面接
 詳しくはこちらのページをご覧ください!
看護師のための退職方法【病院を円満に退職するために】
医療事務 資格    医療事務 資格
  
このページのトップに戻る
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2007- [医療事務の求人・派遣情報サイト〜医療事務のお仕事探し〜] All rights reserved
為替変動要因