医療事務の資格を取ったあとの求人・派遣募集情報 無料レポート「医療事務の面接ってどんなの?」配布中


退職時の税金にビックリ

医療事務の求人・派遣情報サイト〜医療事務のお仕事探し〜HOME≫退職時の税金にビックリ

医療事務の求人・派遣情報サイト〜医療事務のお仕事探し〜

退職時の税金にビックリ

退職後に支払う税金には、大きく分けて住民税と所得税があります。

特に住民税は退職時に一括で支払うことが多く、退職する月のお給料がかなり低くなることも・・・これから失業が決定している場合などは、かなりイタイことになります。

私も、前職を退職した際に「え〜っ」とビックリするほど税金を持っていかれました・・・。次の職が決まってなくて、「これから節約しないとね〜」と考えていた矢先だったので、泣きそうになりましたよ。
住民税
住民税は1月から12月まで1年間の所得に対する税金を、翌年の6月から翌々年の5月にかけて納税します。退職月によって納税方法が異なります。
1月から5月の退職の場合
退職月から5月までの納税額合計を退職時に一括納税します。これは退職する前々年の所得に対する税金で、前年の分はその後の納税となります。
6月から12月の退職の場合
翌年5月までの納税の残額を退職時に一括か、分割して納税します。

所得税

会社員であれば一定の税率で所得税が課税され、月給から天引き(源泉徴収)されています。そして、1年間の所得が確定した年末に、正確な納税額を計算し直して(年末調整)、払いすぎた分があれば戻ってきます。

この年末調整は通常、会社で行います。年内に再就職した人は、就職先で年末調整が受けられます。

注意が必要なのは、年内に再就職しなかった人です。翌年の確定申告(2/16〜3/15)を行うことにより、払いすぎた所得税が戻ってきますので、必ず申告しましょう。
  
無料レポート「医療事務の面接ってどんなの?」を配布しています!
医療事務の面接
 詳しくはこちらのページをご覧ください!
看護師のための退職方法【病院を円満に退職するために】
医療事務 資格    医療事務 資格
  
このページのトップに戻る
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2007- [医療事務の求人・派遣情報サイト〜医療事務のお仕事探し〜] All rights reserved
為替変動要因